暗黙の焦点 別宅。

Michael Polanyiに捧げる研鑽の日々。

堀内寿郎とマイケル

1981年に出版された堀内寿郎追悼文集『漕魂』に、こんなエピソードが載っていた。

先生は昭和七年、三十才で理学博士の学位を取得され、その年俊英の集うドイツのゲッチングン大学に留学されたのであるが、先生のお話によると、先生が参加されたゼミナールの仲間達の学問的水準は皆極めて高く、先生が日本で積み上げられた学問的水準などは問題にならない程だったという。その上言葉の不自由があった。言葉が出来ないと中味の学問にまでひどい劣等感を持つようになってしまう。それはもう堀内先生にとって嘗てない体験であったに違いない。口惜しさの余り、人目につかぬ所にかくれて幾度泣いたか知れないという。
更に先生は言葉を継がれる。大抵の者はここで神経衰弱になってしまう。そうして自ら学ぶ態度を放榔して西欧陣営の前に招伏し、西欧万能の精神に凝り固って帰って来る。確かに俺も今から考えると神経衰弱だった。但し俺の神経衰弱は他の人と違っていわば陽性の神経衰弱だ。寝る間も惜しんで気が狂った様に勉強した。確かに異常だった――と述懐された。
然しこの異常なまでの努力によって、先生は短期間に言葉や学問上のハンディキャップを克服され、彼等と対等の立場で遠慮のない討論を交すことが出来るようになったのである。

ゲッチンゲン大学のオイケン(A.T.Eucken)の所にまずは行った堀内(当時なんと自費留学!)。翌年にはマイケルに呼び寄せられて(公職追放令を受けてマンチェスターへの移動を決めていた)カイザー・ウィルヘルム研究所に移り、ハンガリーからの留学生1名と実験助手1名、それに堀内寿郎とマイケルの4名はマンチェスター大学に移る。そして年間18枚の論文を出すという、もっとも多産な1年を同じ研究室で過ごすのである。

 さまざまなお話をうかがったが、中でも最も印象に残っているのは、マンチェスター大学におけるポラニ教授との壮絶なまでのやりとりである。ポラニ教授との協同研究を進めて行くうちに、研究は巨大な暗礁に乗り上げてしまった。その研究の内容がどの様なものであったかは、門外漢の私には分らない。しかしこの問題の解明がもたらす学問上の価値が如何に大きいかを誰よりもよく知っておられた堀内先生は、持ち前の闘志を燃やして真向からこの問題に取り組み、一歩も退こうとはしなかった。

三日三晩寝もやらずに考え続けた挙句、心身共に疲れ果てて椅子にもたれたまま、ついウトウトと居眠りをしていた先生の頭の中に、サッと天啓の如き閃めきが走った。ハッとして目を覚ました先生は、憑かれたようにこの啓示を追い求めて理論と実験の展開を進めて行った結果さしもの難題を解決する見透しが得られたのである。

その結論をポラニ教授の所に持って行ったところ、ポラニ教授は大変によろこび、やがて一つの論文をまとめ、「君の発想の展開をこの様に経めた」と言って堀内先生に示した。先生が読んで見ると、堀内という名は何処にも出ていない。すべてはポラニ教授が一人でやったように書いてある。カチンと来た堀内先生は即座に抗議を申し込んだ。黙って聞いていたポラニ教授は、やがて論文を書き直して持って来たが、それには論文の末尾に堀内博士の協力に感謝すると附記されているだけであった。

ここに至り堀内教授は憤然としてポラニ教授に喰ってかかった。「この発想は飽く迄私のものである。その証拠に私が始めてこれを説明した時、あなたは仲々理解出来なかったではないか。それを協力を感謝するという一言で片附けるとは何事であるか」と。

激論は数刻に及び、ようやくポラニ教授は折れて再度書き直しを行ったが、それにはその冒頭に「この研究は堀内博士の発想を展開したものである」と前置きがしてあった。これならよかろうと始めて先生は同意を示し、二人は握手を交わしたということである。「ポラニといえば日本では神様のように思われているが、俺は彼とブルーダーハイトをトリンケン(兄弟の杯を交わす)して来たよ」と堀内先生は豪快に笑った。

 

 これはおそらく、反応熱と活性化エネルギーの比例関係として知られる「堀内-ポランニー則」の発見ことだろう。マイケルとしては、問題設定の枠組みは自分が作ったという自負があったのではないか。

 

Plutarch英雄伝

f:id:tacit2:20200822215737j:plain

細江逸記 注釈 JULIUS CAESAR

ShakespeareのJULIUS CAESARはTribunes(護民官)のFlaviusとMarullusの登場で始まる。Tribunesというのは、貴族(patricians)に対して庶民の権利を保護する為に、紀元前494年に選ばれたのが初めてで、当時は2名定員、後に10名に増員された。

 

Caesarがかつての政敵pompeyの遺子達をSpainのMundaの一戦(B.C.45)にて撃滅してローマに凱旋しくるのを庶民は見世物として楽しもうとするのだが、FlaviusとMarullusはPompeyの余徳を思い、Caesar勢の隆々たるを不安に感じている。

 

もともとShakespeareはこの戯曲を書くのにプルタークカエサル伝を参考にしているが、この凱旋時の事情をカエサル伝は次のように述べている。

After all these things were ended, he(Caesar) was chosen Consul the fourth time, and went into Spain to make war with the sons of Pompey : who were yet but very young, but had notwithstanding raised a marvellous great army together, and showed to have had manhood and courage worthy to command such an army, insomuch as they put Caesar himself in great danger of his life.

"かくてシーザーは第四回目に執政官( コンサル)に選ばれた。そうしてポムペイの息子達を討伐せんがためスペインにはいった。彼らは若年ながらおびただしき軍勢を集め、かつこれを指揮するあっぱれの勇気と機略とを現してシーザーを極度の危険におちいらしめた。"

This was the last war that Caesar made. But the triumph he made into Rome for the same did as much offend the Romans, and more, than anything that ever he had done before; because he had not overcome captains that were strangers, nor barbarous kings, but had destroyed the sons of the noblest man in Rome, whom fortune had overthrown.  

"これがシーザーの戦争の打ち上げであった。彼がこの勝利を祝賀した凱旋式はローマ人をこの上もなく不愉快ならしめた。けだし彼は外国の将軍ないし蛮族の王を克服したのではなく、末路蕭条たりどいえどもローマの最も偉大なる者の子息と一族を殲滅したのであったから。"

プルターク英雄伝 (潮文学ライブラリー)
プルターク英雄伝 (潮文学ライブラリー)
  • 作者:プルターク
  • 発売日: 2000/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 プルターク英雄伝の訳者はいろいろいるが、昭和9年鶴見祐輔訳を上記では引用した。

「鶴見訳で読むとおもしろいプルターク英雄伝」でTomokazu Hanafusa氏が推薦しているのが鶴見訳で、実際、とても生き生きとした素晴らしい翻訳の一端がお分かりいただけるかと思う。ちなみに同ページで河野与一訳の岩波文庫版について次のように言及されている。

山本夏彦が『私の岩波物語』に書いているとおり、信じられないほど退屈なもので、英雄伝とは名ばかりの読んでいてすぐ眠気がさす本である。だから、まったく読書には向いていないので、資料としてならともかく、読書用には購入をすすめられない。 

 渡部昇一先生が何冊も翻訳を手がけている哲人エマソン曰く、

われいま、全世界の図書館、火を失して焼けつつありと聞かば、先ず身を躍らして、火焔のなかより、シェークスピア全集と、プラトン全集と、そうしてプルターク英雄伝とを救い出すべし。 

 

鶴見祐輔は言う。

学園に行かず、良師なく、良友なしといえども、一巻のプルタークあらば、反覆愛誦、もって我が人生を築く事を得るのである。 

 

realme x2 pro

Aliで購入したrealme x2 proが、やっと届いた。

f:id:tacit2:20200725211106j:plain

現時点では10万円オーバーとめちゃめちゃ高額。しかし私が発注した5月時点では、4万3千円だったのだ。5月7日に発注して、到着が7月25日。3ヶ月弱! 遅い、遅すぎるよAliExpressの標準配送(DHLオプションがなかったのである、このshop)。

f:id:tacit2:20200725211124j:plain

ラッキングログを見ると、中国を出発していったんシンガポールに集約され、そこから世界各国に配送されている模様だが、5月12日に中国から航空便に引き渡して、シンガポールで動きが出るのが7月17日。どーいうことなのか! 笑

あと10日でrefund(返金)オプションが適用されるところだった。refundしたら、OnePlus 7Tにしようと思っていたが、無事届いたので、これを3年ぐらいは使い続けるつもり。

 

 

 

冨山房 『大英和辞典』

 

ことば・文化・教育―アングロサクソン文明の周辺

ことば・文化・教育―アングロサクソン文明の周辺

  • 作者:渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 1982/07
  • メディア: 単行本
 

 雑誌「英語教育」に連載していた渡部先生のコラムをまとめた本書には、冨山房の『大英和辞典』が2箇所出てくる。

ひとつは「ガバナビリティと英和辞典」というコラムで、

 ロッキード問題が熱くなってきた頃から、ガバナビリティという耳なれない言葉が流行してきた。どうもおかしな使い方をしていると思っていたところ、「統治能力」という漢字にガバナビリティというルビをふっている週刊誌の表紙を見てその原因がはっきりした。もちろんガバナビリティの意味は統治能力ではなくて被統治能力のことである。

 現行の英和辞典にきちんと「非統治」の意味が掲載されていないからマスコミも間違えてしまうのではないかと調べてみると案の定、

ガバナビリティに関しては、現行の英和辞典は調べた限り、すべて曖味である。研究社、岩波、小学館ランダムハウスの大辞典もすべて、統治能力と解釈できる訳語ばかりであって、被統治の観念が明らかでない。 

ことが判明した。ところが、昭和6年刊行の冨山房『英和大辞典』にはきちんと非統治の意味が明記されているという。

冨山房の大英和ではどうなっているかと言えば、それが明快至極なのである。まずgovernableという形容詞には、「①管治さるべき(GOVERN, v. 各意義参照)。②従順なる」という二つの意味を与えているが、いずれも完壁である。「管治」という漢語は耳なれないが、governのところには「統治」も使ってあるし、そこを参照するように指示もしているからこれでよいであろう。さらにgovernabilityについては「①管治又は管理さるべきこと)、②従順」とあってこれまた一点の疑義も容れる余地がない。特に「従順」という意味をあげているのが目ざましい。 

で、これが実物。確かに!

f:id:tacit2:20200125115555j:plain

governability

もう1箇所出てくるのは「Constitutionの訳語と『冨山房大英和』」というコラムだ。

constitution を憲法と訳す習慣は今も一般的であり、無用な誤解を与えたり、無用な晦渋さを産み出しているようである。たとえば大野精三郎氏の『歴史家ヒュームとその社会哲学費岩波書店 一九七七)の目次を見ると、「十六、七世紀のイギリス憲法と政治体制」とか「アングロ・サクソン時代から十六世紀までのイギリス憲法機構の性格」などという項目が見える。まさかヒュームの『英国史』の専門的研究をしている学者が、イギリスにいわゆる「憲法」がないことを知らないはずはないと思いながら

私は渡部先生のこのコラムを読んで初めて知りましたよ。イギリスには成文法としての憲法が「ない」なんて。

 ある法律が公布されようとするとき、「それが英国の体質に合っているかどうか」と論議するのがイギリスの憲法(?)論議なのであって、書かれた憲法の第何条に違反するとかしないとかを論議するのではない。国の体質、つまり「国体」としてみんなに漠然と意識されているものによって、ある法律がconstitutionalか否かを間うのである。constitutionalとは人間で言えば「体質的なもの」であり、法律について言えば「国体的なもの、国体に反しないもの」なのである。日本では七世紀初頭の聖徳太子の「憲法」以来、「憲法」といえば成文憲法を指すことになっているので、成文化されたことのないイギリスのconstitutionを「憲法」と訳すのは誤訳と言ってよいであろう。

 ここでも現行の英和辞典を確認するのであるが、「国体」の訳語を与えているものはない。しかし、明治人が編纂した『冨山房大英和辞典』にはきちんと「国体」が掲載されているのである。

 さらに精密なのは飯島広三郎『大英和辞典』(冨山房)であって、①設立 etc. ②体質 etc, ③(a)国憲、国体、政体 (b)憲法 (c)制度 etc. (d)規則 etc. (e)勅令 etc.となって、間然するところがない

 

f:id:tacit2:20200125113736j:plain

------------------------------

ちなみに現在私が愛用している学研アンカーコズミカ(2007.編集主幹 山岸勝栄)には、governabilityという単語は掲載されておらず、constitutionには「憲法」と「構成、構造」「体質」の訳が付されている。

 

令和元年 秋の音楽3連休

BBC Proms Japanのday 4に行った。渋谷のオーチャードホール

www.bbcproms.jp

f:id:tacit2:20191104210645j:plain

f:id:tacit2:20191104210707j:plain

お目当ては、violinistのVadem Repinによるチャイコフスキー バイオリン協奏曲 op.35。S席15,000円は高い買い物だったが、Repinの演奏を生で聴けたし見れたから良しとしよう。

映画『オーケストラ』でこの曲が大好きになり、いろいろな演奏をamazon music で聴いた。一番良かったのがRepinの下記の演奏。オケとの一体感が誠に素晴らしい。改めて聞き直したがProms生演奏より断然こっちがイイ。

https://music.amazon.co.jp/albums/B00BJVTVVS?ref=dm_sh_fff6-bd9e-6548-8526-a3a88

f:id:tacit2:20191104205931j:plain

--------------------------

翌日はヒューマントラストシネマ有楽町にて『パリに見出されたピアニスト』。

paris-piano.jp

f:id:tacit2:20191104211021j:plain

あらすじは『ピアノの森』、主人公の内面の成長に伴って演奏が変わっていく様は『四月は君の嘘』。

都合の良いハッピーエンドで終わるお決まりのシナリオだが、定番こそ素晴らしいという好事例だと思う。

サウンドトラックはこれ。オススメ。

https://music.amazon.co.jp/albums/B07LDGQ43K?ref=dm_sh_b7c3-3cc0-ab65-c428-f5650

f:id:tacit2:20191104212029j:plain

 

マリア・ルーズ号

 

東風西雅 抄 (岩波現代文庫)

東風西雅 抄 (岩波現代文庫)

 

 

「太平洋の奴隷貿易」という章がある。1943年6月の東京新聞に掲載されたものだ。戦時中ではあるが、宮崎市定は、

外国人の書いた東アジア外交史、中国人の書いた華僑史には屡々この間の真相を見落としている嫌いがある

として、太平洋の奴隷貿易=苦力貿易に終止符を打ったのが、

明治初年日本政府が大英断を以て世界の目の前で行って見せた正義のための奮闘の賜ものに外ならなかった

と書いている。twitterで呟けば今ならネトウヨと誹られそうだが、歴史的な事実を重視する宮崎はこう主張せざるを得なかった。

欧米近世の繁栄は奴隷制度の上に立てられたと言って過言ではなく、19世紀に入って清国国民を奴隷化する苦力貿易に変形してさらに約100年続くのだが、それに終止符を打ったのは開国して近代化を進めていた日本なのであった。

 

アヘン戦争敗戦で南京条約を締結(1842年)した清国では、欧州人が勤勉な中国人苦力に目を付け、多くはキューバの砂糖園とペルーの鉱山へ奴隷として移送していた。

マカオで騙されて連れ去られた231名の苦力をペルーに搬送中だったマリア・ルーズ号は、機関の修繕で横浜に立ち寄る。その際、1名の苦力が船から脱出し、外務卿副島種臣と其の腹心である神奈川県令大江卓の保護下となった。この大江卓が傑物で、後に娼妓芸妓や穢多非人の制度廃止を主導した人物。欧州各国領事館からの抗議干渉にもかかわらず、人道に背く奴隷貿易は認められないとして、すべての苦力を解放したのだった。

もう少し詳しい話が知りたいと思ってamazonを検索したがピンとくる書籍がなく、日本の古本屋で再検索。すると、昭和19年刊行の『奴隷船』がヒットした。

f:id:tacit2:20190922135936j:plain

宮崎の新聞記事が昭和18年だから、もしかすると宮崎の記事に触発され国威高揚で慌てて出版されたものかもしれない。著者は小川記正。

マカオで祀られている阿媽が実は昔、中国人を欧州人から救った日本人であり、マリア・クルーズ号に捕らわれた苦力が「再び阿媽=日本人が我々をこの苦しみから救ってくれるハズだ」と信じていて、実際に大江に救われるというストーリーはやり過ぎな感があるが、船長ヘレローの抗弁書や各国領事館からの抗議書、大江の判決文などはほぼ正確に記載されていて面白い。少しびっくりしたのは、大江の判決を不服としたペルーが、ハーグの国際審判所に提訴していることだ。しかも裁判官はロシア皇帝アレクサンダー2世。そして大江の判決は正しいとされたのだった。

 

宮崎は別の章で

今の左翼ほど非歴史的なものはない

と指摘する。

口を開けば日本の侵略主義というが・・・それはおそらくアジアの凡ての民族から精神的支援を受けて行われたことを、今の人たちは知っているだろうか

 

同書には、複雑なチベット問題の歴史的経緯を簡潔に記した「歴史からみたチベット国境問題」も掲載されている。オススメ。

 

Eighth Grade

ヒューマントラストシネマ有楽町、久し振りに行きました。

 

youtu.be

https://ttcg.jp/human_yurakucho/movie/0584600.html

 

中学卒業間近の、学校に友達もいない陰キャな女の子が少~し変わるお話。

人間、そう簡単に陽キャになってリア充になるわけがない。ほどほどの背伸び、少しの冒険、未来への意欲。この世代の自意識過剰感もよく出ている。

お母さんは昔に家を出て行ってしまったようで、お父さんと娘の二人暮らし。このお父さんがなんとも素晴らしい。夕食中に娘がスマホ+イヤホンでずっと音楽を聞き続けていても、辛抱強く会話に持ち込む。娘がモールに遊びに行くと言えば、クルマで送っていってそのまま影からのぞき見し、友人達に「変態がじっとこっちを見てる!」と言われてしまう。w 年頃の娘が一人で出かけたら、そうしたくなるよね。

中学生の息子に見せて感想を聞きたい映画。