読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黙の焦点 別宅。

Michael Polanyiに捧げる研鑽の日々。

CCF(the Congress for Cultural Freedom)とマイケル

CCFを通じてマイケルと知り合ったとRaymond Aronは述べているが、ではそのCCFとはどのような活動だったのか。どのような時代背景からCCFが生まれたのか。そしてマイケルはCCFでどのような役割を果たしたのか。

 

ブダペスト工科経済大学には、マイケルの業績をたたえ、 

 Michael Polanyi Liberal Philosophical Association 
 http://www.polanyi.bme.hu/index.php?lang=en 

という活動をする団体があり、 

 POLANYIANA 

という年報を出しています。 

そうそうたる面子が寄稿してますが、2006年にPeter Colemanが書いた小論を翻訳しました。それはCCFとマイケルの関わりをコンパクトに手際よくまとめたものです。彼はオーストラリア出身のジャーナリストで、冷戦時の知識人の活動に詳しい。 

 

原文はこちら。

http://www.polanyi.bme.hu/folyoirat/2006/2006_04_Peter_Coleman.pdf

 

では、どうぞ。 

マイケル・ポランニーと文化自由会議についての覚書