読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黙の焦点 別宅。

Michael Polanyiに捧げる研鑽の日々。

制約(constraint)

読書 Michael Polanyi

1998年に脳と言語の共進化という論点を提起したTerrence Deacon。現在はカリフォルニア大学バークレー校で生物人類学と神経科学の研究を進めている。

f:id:tacit2:20120602153023j:plain

The Symbolic Species: The Co-Evolution of Language and the Brain

The Symbolic Species: The Co-Evolution of Language and the Brain

Deaconの最新刊が去年の11月に出版されていて、タイトルは『不完全な自然:物質から心は如何にして創発するか』。米amazonのレビューで評判も良いし、そのうち邦訳が出ることを期待したいな。

Incomplete Nature: How Mind Emerged from Matter

Incomplete Nature: How Mind Emerged from Matter

1998年の著書ではマイケルに一切触れていなかったが、今回はタイトルにemergeが入っているからか(?)(笑)、ちゃんとマイケルに言及している。それも「生命の非還元的な構造」だ。その箇所を訳しておこう。

第6章:制約(constraint)

p.192-193

1968年の論文『生命の非還元的な構造』において、マイケル・ポランニーはこう主張している。生命と物質の化学的性質のとても大きな違いは、細胞内で起きている化学反応にDNAが課している制約なのだと。ある特定の化学反応を促進する触媒となる分子を生成したり、分子作用を抑える構造的要素として働く別の分子を生成するなどして、遺伝子情報は生命に一定の制約を課している。このように秩序化された制約は物質の化学的性質に還元することはできず、生命と非生命を分かち、人工の機械や生命体と物理的な系を分かつものだとマイケルは主張するのだ。重要な洞察であるが、しかし設計図があるかのようなこの生命の特徴をもう少し語る必要がある。すなわち、この制約の起源をどう考えるかということである。生命の非還元性を語るマイケルの議論にとって大事なポイントで、機械のアナロジーが示すように、物質の化学的性質の外部としてこの制約を取り扱うということであり、その実行手順書がDNAであり、究極的には自然選択がその設計者であるということになる。制約が生命の特質であるならば、生命にとっての外部がその制約を設計し実装しなければならず、何か外在的なホムンクルスから制約を受け継いでいるということになる。まぁ、そんなものは存在しないのだが。

In a 1968 paper entitled "Life's Irreducible Structure" the philosopher scientist Michael Polanyi argued that the crucial difference between life and chemistry is the constraint that DNA imposes on the range of chemical reactions that tend to occur in an organism. Genetic information introduces these constraints by virtue of the ways that it generates molecules which either act as catalysts to facilitate certain chemical reactions or serve as structural elements which minimize certain other molecular interactions. Polanyi argues that this formal influence is what separates life from non-living chemistry, and distinguishes both man-made machines and living organism from other physical systems. For this reason, he argues that this formal aspect cannot be reduced to chemistry. This is an important insight, but it falls short of resolving the issue of life's ententional features in one important respect: it treats the source of constraint as extrinsic. Indeed, this is critical to his argument for irreducibility; but as the analogy to machines indicates, treating this influence as external to the chemistry passes the explanatory buck to DNA as an instruction manual and ultimately to natural selection as its auther. If this constraint is the defining feature of life, but must be created and imposed extrinsically, then life's ententional features are inherited from an extrinsic homuncules, which in this case doesn't exist.