読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黙の焦点 別宅。

Michael Polanyiに捧げる研鑽の日々。

Polanyi's letter to Charles C. Gillispie, dated 30th June, 1966, Polanyi Papers (6:8)

プリンストン大の科学史科教授Charles C. Gillispieに宛てた手紙の中で、マイケルは自分の異端の科学哲学を披露し、あらゆるレベルの科学分野が相互に整合していくロジックに注目している。それは暗黙知のロジックであり、定義することができずただ立ち現れるものだ。同じギリスピー宛の手紙の中でマイケルは還元主義的「科学的説明」の誤りについても指摘しており、自分の科学哲学を発展させる必要があることを述べている。

チャールズ・C・ギリスピー(Charles C. Gillispie)は邦訳が2冊在り、どちらも興味深い。ちょっとお高めだが読んでみたい本だ。そして、マイケルと親交があった人物がまだ現役で頑張っているのを知ることはうれしいものだ。

客観性の刃―― 科学思想の歴史[新版]

客観性の刃―― 科学思想の歴史[新版]


科学というプロフェッションの出現――ギリスピー科学史論選

科学というプロフェッションの出現――ギリスピー科学史論選

で、以下がそのマイケルの手紙。手紙という形式のせいか重複が大変に多いのだが、一方で著書で明示していない論点が示されていて大変面白い。マイケルの反還元主義のスコープがどこまでの広がりを持っているかが端的にわかる。

Biologists speak of explaining living beings in terms of physics and chemistry, but they never actually realise what this means. They assume that to explain life in terms of a mechanism based on physics and chemistry is to explain it in terms of physics and chemistry, and this is false. Thus misconceived, the claim to explain life by physics and chemistry comes to stand for the claim of explaining life by mechanical models, and this claim has much truth in it [since models are `as if' conceptions]. ...

Though the claim to explain all living processes mechanically is absurd, all life has a mechanical aspect which is truly explained by a mechanism. Now suppose that this appears to be as much as we can achieve at this time. It would be a sound policy then to restrict enquiry to the mechanical aspects of life as if they explained life altogether. And consequently, scientists --- being primarily concerned with the advancement of science --- may come so firmly to uphold this fiction that they will regard it as `the scientific view' of life and condemn anyone challenging this fallacy as an anti-scientific obscurantist. ...

When manifest truths are obscured in the interest of advancing scientific research, we must disregard this interest, if we are to vindicate these truths. The Universe is not determined by one single set of principles, but by a number of them. ... [We] have a hierarchy of biological principles, in which each higher principle controls the boundary conditions left open by the principles below it .... Science can study this hierarchy on each level. ... [morphology, embryology, ...] But neither of these sciences is concerned with the kind of logical criticism which shows how all these levels hang together. Such comprehensive enquiries, extending over the whole universe and including the very grounds on which we reflect on the universe, are the task of philosophy. This, at least, is what I understand by philosophy.[18]

<抄訳>

  • 生物学者は生命体を物理学と化学の用語で説明するが、それが何を意味しているのか実はわかっていない。生命を物理化学的機械として説明することは物理学と化学で生命を説明するということであり、それは間違っている。確かにあらゆる生命は機械的側面を備えている。だがそれで全てを説明できかのような生命機械論に限定を課すことは至極健全だ。科学の進展を重視する科学者は、(私のように)それが間違っているという者を非科学的な反啓蒙主義者だと非難することだろう。しかし、科学研究が進展していく中で真実が隠蔽されてしまうのであれば、我々はそうした進展の方向を重要視してはいけないのだ。この宇宙は(物理化学のような)あるひとつの原理で決定されるものではなく、多数の原理で成り立っている。我々は階層的な生物学的原理を備えており、下位の原理が決定できずに残している境界条件を上位の原理が統制している。科学とはこうした各階層(形態学、発生学など)の研究なのだが、そうした個々の科学は階層全体の整合的な論理のあり方に関心を払うことがない。我々が生きて向かい合っているこの宇宙全体を探求することが哲学の使命なのだ。