読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黙の焦点 別宅。

Michael Polanyiに捧げる研鑽の日々。

Aitchison's Linguistics その8

英語

パターン形成

                        • -

※うーむ、いくつか「確かに」という特質が説明されているのだが、多少の重複感と連関がいまひとつ不明瞭。まぁ、それはマイケルにも多少言えるのだが。

※語を並べる(pattarn)というのはまさに形作ることであり形を与えることだ。枠取りをするといってもよい。それは不適格さ(ill-formed)を排除しているのだ。

※言語の要素をサッカー選手に見立てているのはわかりやすく面白いところ。

                        • -

主語を形容しているmanyを動詞の副詞として訳す。
なるほど也。

haphazard heap
たんに羅列したもの

juxtapose
並べて置く

well-defined,well-formed
適格な

ring the changes
そのまま訳すのは難しい。
項目を配置する、としている。

〜are not excluded because -
〜が排除されるのは−だからではなく
(いい訳出)

Here again
ここでも

微妙だけど
perhaps

in brief
要するに

ここから、〜が導かれる
from this, it follows that 〜

substitution
置き換え、代用

butcher
肉屋、殺戮者

ill-formed
不適格な

intricate
入り組んだ、複雑な

apart from 〜
〜は例外

acquire
もたらす