暗黙の焦点 別宅。

Michael Polanyiに捧げる研鑽の日々。

冨山房 『大英和辞典』

 

ことば・文化・教育―アングロサクソン文明の周辺

ことば・文化・教育―アングロサクソン文明の周辺

  • 作者:渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 1982/07
  • メディア: 単行本
 

 雑誌「英語教育」に連載していた渡部先生のコラムをまとめた本書には、冨山房の『大英和辞典』が2箇所出てくる。

ひとつは「ガバナビリティと英和辞典」というコラムで、

 ロッキード問題が熱くなってきた頃から、ガバナビリティという耳なれない言葉が流行してきた。どうもおかしな使い方をしていると思っていたところ、「統治能力」という漢字にガバナビリティというルビをふっている週刊誌の表紙を見てその原因がはっきりした。もちろんガバナビリティの意味は統治能力ではなくて被統治能力のことである。

 現行の英和辞典にきちんと「非統治」の意味が掲載されていないからマスコミも間違えてしまうのではないかと調べてみると案の定、

ガバナビリティに関しては、現行の英和辞典は調べた限り、すべて曖味である。研究社、岩波、小学館ランダムハウスの大辞典もすべて、統治能力と解釈できる訳語ばかりであって、被統治の観念が明らかでない。 

ことが判明した。ところが、昭和6年刊行の冨山房『英和大辞典』にはきちんと非統治の意味が明記されているという。

冨山房の大英和ではどうなっているかと言えば、それが明快至極なのである。まずgovernableという形容詞には、「①管治さるべき(GOVERN, v. 各意義参照)。②従順なる」という二つの意味を与えているが、いずれも完壁である。「管治」という漢語は耳なれないが、governのところには「統治」も使ってあるし、そこを参照するように指示もしているからこれでよいであろう。さらにgovernabilityについては「①管治又は管理さるべきこと)、②従順」とあってこれまた一点の疑義も容れる余地がない。特に「従順」という意味をあげているのが目ざましい。 

で、これが実物。確かに!

f:id:tacit2:20200125115555j:plain

governability

もう1箇所出てくるのは「Constitutionの訳語と『冨山房大英和』」というコラムだ。

constitution を憲法と訳す習慣は今も一般的であり、無用な誤解を与えたり、無用な晦渋さを産み出しているようである。たとえば大野精三郎氏の『歴史家ヒュームとその社会哲学費岩波書店 一九七七)の目次を見ると、「十六、七世紀のイギリス憲法と政治体制」とか「アングロ・サクソン時代から十六世紀までのイギリス憲法機構の性格」などという項目が見える。まさかヒュームの『英国史』の専門的研究をしている学者が、イギリスにいわゆる「憲法」がないことを知らないはずはないと思いながら

私は渡部先生のこのコラムを読んで初めて知りましたよ。イギリスには成文法としての憲法が「ない」なんて。

 ある法律が公布されようとするとき、「それが英国の体質に合っているかどうか」と論議するのがイギリスの憲法(?)論議なのであって、書かれた憲法の第何条に違反するとかしないとかを論議するのではない。国の体質、つまり「国体」としてみんなに漠然と意識されているものによって、ある法律がconstitutionalか否かを間うのである。constitutionalとは人間で言えば「体質的なもの」であり、法律について言えば「国体的なもの、国体に反しないもの」なのである。日本では七世紀初頭の聖徳太子の「憲法」以来、「憲法」といえば成文憲法を指すことになっているので、成文化されたことのないイギリスのconstitutionを「憲法」と訳すのは誤訳と言ってよいであろう。

 ここでも現行の英和辞典を確認するのであるが、「国体」の訳語を与えているものはない。しかし、明治人が編纂した『冨山房大英和辞典』にはきちんと「国体」が掲載されているのである。

 さらに精密なのは飯島広三郎『大英和辞典』(冨山房)であって、①設立 etc. ②体質 etc, ③(a)国憲、国体、政体 (b)憲法 (c)制度 etc. (d)規則 etc. (e)勅令 etc.となって、間然するところがない

 

f:id:tacit2:20200125113736j:plain

------------------------------

ちなみに現在私が愛用している学研アンカーコズミカ(2007.編集主幹 山岸勝栄)には、governabilityという単語は掲載されておらず、constitutionには「憲法」と「構成、構造」「体質」の訳が付されている。

 

令和元年 秋の音楽3連休

BBC Proms Japanのday 4に行った。渋谷のオーチャードホール

www.bbcproms.jp

f:id:tacit2:20191104210645j:plain

f:id:tacit2:20191104210707j:plain

お目当ては、violinistのVadem Repinによるチャイコフスキー バイオリン協奏曲 op.35。S席15,000円は高い買い物だったが、Repinの演奏を生で聴けたし見れたから良しとしよう。

映画『オーケストラ』でこの曲が大好きになり、いろいろな演奏をamazon music で聴いた。一番良かったのがRepinの下記の演奏。オケとの一体感が誠に素晴らしい。改めて聞き直したがProms生演奏より断然こっちがイイ。

https://music.amazon.co.jp/albums/B00BJVTVVS?ref=dm_sh_fff6-bd9e-6548-8526-a3a88

f:id:tacit2:20191104205931j:plain

--------------------------

翌日はヒューマントラストシネマ有楽町にて『パリに見出されたピアニスト』。

paris-piano.jp

f:id:tacit2:20191104211021j:plain

あらすじは『ピアノの森』、主人公の内面の成長に伴って演奏が変わっていく様は『四月は君の嘘』。

都合の良いハッピーエンドで終わるお決まりのシナリオだが、定番こそ素晴らしいという好事例だと思う。

サウンドトラックはこれ。オススメ。

https://music.amazon.co.jp/albums/B07LDGQ43K?ref=dm_sh_b7c3-3cc0-ab65-c428-f5650

f:id:tacit2:20191104212029j:plain

 

マリア・ルーズ号

 

東風西雅 抄 (岩波現代文庫)

東風西雅 抄 (岩波現代文庫)

 

 

「太平洋の奴隷貿易」という章がある。1943年6月の東京新聞に掲載されたものだ。戦時中ではあるが、宮崎市定は、

外国人の書いた東アジア外交史、中国人の書いた華僑史には屡々この間の真相を見落としている嫌いがある

として、太平洋の奴隷貿易=苦力貿易に終止符を打ったのが、

明治初年日本政府が大英断を以て世界の目の前で行って見せた正義のための奮闘の賜ものに外ならなかった

と書いている。twitterで呟けば今ならネトウヨと誹られそうだが、歴史的な事実を重視する宮崎はこう主張せざるを得なかった。

欧米近世の繁栄は奴隷制度の上に立てられたと言って過言ではなく、19世紀に入って清国国民を奴隷化する苦力貿易に変形してさらに約100年続くのだが、それに終止符を打ったのは開国して近代化を進めていた日本なのであった。

 

アヘン戦争敗戦で南京条約を締結(1842年)した清国では、欧州人が勤勉な中国人苦力に目を付け、多くはキューバの砂糖園とペルーの鉱山へ奴隷として移送していた。

マカオで騙されて連れ去られた231名の苦力をペルーに搬送中だったマリア・ルーズ号は、機関の修繕で横浜に立ち寄る。その際、1名の苦力が船から脱出し、外務卿副島種臣と其の腹心である神奈川県令大江卓の保護下となった。この大江卓が傑物で、後に娼妓芸妓や穢多非人の制度廃止を主導した人物。欧州各国領事館からの抗議干渉にもかかわらず、人道に背く奴隷貿易は認められないとして、すべての苦力を解放したのだった。

もう少し詳しい話が知りたいと思ってamazonを検索したがピンとくる書籍がなく、日本の古本屋で再検索。すると、昭和19年刊行の『奴隷船』がヒットした。

f:id:tacit2:20190922135936j:plain

宮崎の新聞記事が昭和18年だから、もしかすると宮崎の記事に触発され国威高揚で慌てて出版されたものかもしれない。著者は小川記正。

マカオで祀られている阿媽が実は昔、中国人を欧州人から救った日本人であり、マリア・クルーズ号に捕らわれた苦力が「再び阿媽=日本人が我々をこの苦しみから救ってくれるハズだ」と信じていて、実際に大江に救われるというストーリーはやり過ぎな感があるが、船長ヘレローの抗弁書や各国領事館からの抗議書、大江の判決文などはほぼ正確に記載されていて面白い。少しびっくりしたのは、大江の判決を不服としたペルーが、ハーグの国際審判所に提訴していることだ。しかも裁判官はロシア皇帝アレクサンダー2世。そして大江の判決は正しいとされたのだった。

 

宮崎は別の章で

今の左翼ほど非歴史的なものはない

と指摘する。

口を開けば日本の侵略主義というが・・・それはおそらくアジアの凡ての民族から精神的支援を受けて行われたことを、今の人たちは知っているだろうか

 

同書には、複雑なチベット問題の歴史的経緯を簡潔に記した「歴史からみたチベット国境問題」も掲載されている。オススメ。

 

Eighth Grade

ヒューマントラストシネマ有楽町、久し振りに行きました。

 

youtu.be

https://ttcg.jp/human_yurakucho/movie/0584600.html

 

中学卒業間近の、学校に友達もいない陰キャな女の子が少~し変わるお話。

人間、そう簡単に陽キャになってリア充になるわけがない。ほどほどの背伸び、少しの冒険、未来への意欲。この世代の自意識過剰感もよく出ている。

お母さんは昔に家を出て行ってしまったようで、お父さんと娘の二人暮らし。このお父さんがなんとも素晴らしい。夕食中に娘がスマホ+イヤホンでずっと音楽を聞き続けていても、辛抱強く会話に持ち込む。娘がモールに遊びに行くと言えば、クルマで送っていってそのまま影からのぞき見し、友人達に「変態がじっとこっちを見てる!」と言われてしまう。w 年頃の娘が一人で出かけたら、そうしたくなるよね。

中学生の息子に見せて感想を聞きたい映画。

 

 

SILVER by WALTER DE LA MARE  - 福原麟太郎 -

f:id:tacit2:20190702180046j:plain

Slowly, silently, now the moon

Walks the night in her silver shoon ;

静かに、ひそやかに

今冷たい静かな月が黙って夜の空を歩いている

銀の靴を履いて

------------------

[s]音を頭に重ね[l]音を2つずつ、都合4つ聴かせるので如何にも静かでなめらかな感じが出ている。shoonはshoesの古い形。Cinderellaが履いたような靴か?

 

This way, and that, she peers, and sees

Silver fruit upon silver trees

此方、また彼方、月は覗く

銀色にちらちらしている樹の葉の間に、果実も同じく銀色に仄見えている

-------------------

This wayの次にカンマがあってand thatと続いているのは、カンマなしより効果がある。読者はカンマで自然、息を休める。急がず迫らず悠々たる姿である。peersは、事実としては月が覗いているわけではなく、月を見上げる人が、あちらでキラリ、こちらでキラリと光っている月に心を惹かれ始めている心持ちを表している。月が見る(sees)というのも、月光に照らされて銀色に光る森の様子が月を見る人の注意に上ってくるということ。

 

One by one the casements catch

Her beams beneath the silivery thatch ;

ひとつ又ひとつ、田舎の開き窓がどれもこれも月光を捕らえて白銀に光っている

それらの窓の上には草屋根がうっすらと同じ銀色を帯びている

-------------------

ここまでくると、にぶい読者でもこの詩の韻に気づく。moon-shoon ;   sees-trees ;   catch-thatchという風に、隣り合った2行がいつも同韻で、2行単位できちんと締めて進んでいる印象を与える。

 

Couched in his kennel like a log,

With paws of silver sleeps the dog ;

丸太のように犬小屋の中でゴロリとなって

銀色の足をして犬が寝ている 

--------------------

月の銀を見る人の視線は身近なものに移っていく。1行目にkennnelとあったので読者は犬を想像させられながら、ゴロリとなって丸太のように動かず、月光の底に四足を休めて、小屋の中で安心して眠っているものが「犬」である事を最後に明かされる。この印象の完成は心持ちが良い。

 

From their shadowy cote the white breasts peep

Of doves in a silver-feathered sleep ;

月光に照らされ内部が影になって薄暗い鳩の巣の丸い穴の中から

白い突き出た丸みのある胸がひょいと覗いている

銀の翼したる眠りにいる、鳩の胸だ

--------------------

詩を読んでいる我々の心の目には、屋根の軒下かどこかに3つ4つ並んでいる四角な箱に丸い出入口の付いたdove-coteがほの暗く現れてくる。その穴から突き出た胸の先にだけ月の光が明るく、くっきりと照りかかっている。美しい静かな情調である。

 

A harvest mouse goes scampering by,

With silver claws, and silver eye ;

野ねずみは臆病そうに、ちょろちょろと走って、もう姿を隠した

銀色に光った爪と、銀色に輝いた小さな目をしていた

--------------------

鳩の巣からさらに視線は(天上の月からだんだん大地へ)身近に移る。

 

 

And moveless fish in the water gleam,

By silver reeds in a silver stream.

眠っていて動かない魚たちは、水の底で鱗が仄かに光っている

銀に流れる水底 、銀色の葦の佇むほとりにて

---------------------

銀の階調の最後にくるものは、前に出た犬や鳩や鼠などから、ある時間的経過を思わせて、小川に眠る小魚、鮒やハヤの類いである。

 

月夜の静けさと銀色の光の底に沈むものの美の感覚を良く唱っていると思いませんか。

 

福原麟太郎 著『英文学を如何に読むか』 ← amazonにない
  昭和2年5月 研究社発行
  現代英詩二篇 より 

Silver (Four Seasons of Walter de la Mare Book 4) (English Edition)

Silver (Four Seasons of Walter de la Mare Book 4) (English Edition)

 

 

明治の人物誌

久し振りに偉人伝を読んだ(最近流行らないね、伝記というジャンル)。
SF作家星新一が描いた『明治の人物誌』だ。 

明治の人物誌 (新潮文庫)

明治の人物誌 (新潮文庫)

 

 渡部昇一先生がいろいろな著作で『自助論』(1859)を高く評価していて、イギリスで出版された12年後の1871年には日本語に翻訳され(『西国立志編』)一大ベストセラーとなり、人口に膾炙し、このSelf-Help=自分で努力して自分で未来を切り開くという考えが日本の明治維新の精神的礎になったという。

当時の文字が読める人はほぼ全員が読んだのではないかというこの本。売上部数100万部以上。『西国立志編』なかりせば、明治維新は成し遂げられなかったであろうというのだ。確かにそうかも。何か事があれば社会や政府に物事を要求するだけで自助がない国民が一定割合以上いる国では、維新は無理であったろう。

翻訳を手がけたのは中村正直。なかなかの人物だと思われ、簡単な伝記が読みたくてamazonをググったら出てきたのが『明治の人物誌』。全部で10人の人物を描いているが、一番最初が中村正直で、以下ご覧の通り。

当初は同郷の野口英世まで読んで終わりにしようかと思ったが、ぐいぐい引き込まれてあっという間に最後の杉山茂丸まで読み終えてしまった。西洋列強に肩を並べようと必死に努めた日本の実態は、こうした人物達の自助に大きく依存しており、

一国の価値は、つまるところ、それを構成している個人の価値にほかならない。 ジョン・スチュワート・ミル

という『西国立志編』の引用そのものなのであった。ちなみにこの10名、どういう基準で星新一に選ばれたかというと、父親である星一(はじめ)と強い繋がりがあった人物ばかりなのである。著者が描こうとしたのは、10名を通した自分の父親と当時の日本の 立体透視図なのだ。

----------------

良い読書というものは次の読書欲を喚起する。私は新渡戸稲造杉山茂丸の両名に関心が湧き、まずは新渡戸の著書2冊を手に入れた。『武士道』と『衣服哲学講演録』だ。 

武士道 Bushido: The Soul of Japan【日英対訳】 (対訳ニッポン双書)

武士道 Bushido: The Soul of Japan【日英対訳】 (対訳ニッポン双書)

 

後者はamazonに在庫がない。新渡戸稲造によるカーライル「衣装哲学:サーター・レザータス」の講演録だ。新渡戸はサーター・レザータスを原書で30回以上読んでいて、バラバラになった原書のページ毎に白紙を挟み込んで再製本し、メモ書きできるようにしたという。これだ。

f:id:tacit2:20190407094746j:plain

新渡戸稲造 SARTOR RESARTUS

 杉山茂丸は次の著書を「欲しいものリスト」に加えた。楽しみだ。 

百魔

百魔

 

 

Gettysburg Address

Lincolnのゲティスバーク演説の結びの句、

"the government of the people, by the people, and for the people"

「人民の、人民による、人民のための政治」と覚えていたが、喜安璡太郎の『湖畔通信』でこの "of" の訳が誤りであることを教えられた。簡単に纏めておこう。 

湖畔通信・鵠沼通信 (1972年)

湖畔通信・鵠沼通信 (1972年)

 

 齋藤秀三郎の『実用英文典(Practical English Grammer)』では、前置詞"of"の所有格を説明する際に主語所有格(subjective possessive)と目的語所有格(objective possessive)を区別している。 

実用英文典

実用英文典

 

 主語所有格:
the conquests of Caesar
the writings of Plato

これらは、シーザー「が」略取した地、プルート「が」書いた書物であり、普通に訳せば「シーザーの略取地」「プルートの書物」となる。リンカーンのthe government of the people「人民の政治」と同じだ。人民「の」政治とは、人民「が」治めることだ。

だがこのofを主語所有格とすると、by the peolpleと意味がかぶってしまう。人民の政治(of the people)と人民による政治(by the people)は同じ事だ。

喜安璡太郎はこの"of"を目的語所有格とした。齋藤秀三郎の実用英文典の文例によれば、

目的語所有格:
Caesar's conqurst of Gaul
the writing of the book 

つまり、シーザーがゴール人「を」征略/ 本「を」書くこと、だ。リンカーンの演説が目的語所有格であれば、人民「を」統治すること、となる。

governmentには「政府」と「政治すること」という2つの意味がある。リンカーンの用法は明らかに「政治すること」の意であるから、「政府」と訳してはいけないというのが喜安の論だ。人民「の」政治ではなく人民「を」政治することであり、目的語所有格だというのである。

福原麟太郎は『英国的思考』で適切な訳を示している。すなわち

  • 人民が(by)人民のために(for)人民を(of)治める

素晴らしい。完璧な訳だ。

 

湖畔通信では、大家である市河三喜がこのofをthe people's governmentと解していると記している。日本語の「の」は、主格にもとれるし属格にも取り得る。

私は喜安=福原説の目的語所有格を取りたいと思うが、「主権在民」に慣れて自分達が主人公という意識が強すぎる現代日本人からすれば、治められる対象として目的語所有格を付与された人民を民主主義の主人公とするには抵抗があるかもしれない。